« 雑記061222 | Main | 雑記061224 »

2006.12.23

セグウェイの進化

歩道を走って郵便配達に使う程度では「世紀の大発明」とはとうてい言い難いと思っていたけど、こういうアプリケーションが出始めると、なるほどセグウェイが見せたビジョンは大発明に化ける可能性はあると思った。
ジャイロスコープつき通勤用二輪車Lotus

セグウェイという移動機械のコンセプトは、思うに、4輪では難しい小さな回転半径と、人の筋力では出せないパワーとを結びつけることだ。バランスをとるためのジャイロ機構が注目されがちだが、それは手段に過ぎない。
本当に重要なのは、そのコンセプトの方だ。

上の記事の絵はこのコンセプトが持つ可能性の広がりを感じさせる。

別の場所で開発されている、車同士の衝突を自動的に回避する技術と組み合わせると、高速で移動する小さな移動ポッドが、高密度で隣り合うことができそうな気がしてくる。
車というものが、服と同じような感覚で身にまとうものになるのだから、考えただけで楽しい。


自転車の手軽さと、車のパワーとスピードを持った移動機械といえば、私が下駄代わりにつかっているバイクがあるが、あれはお洒落着で乗れるようなものではないし、操るのにそれなりの熟練がいる。そこがいいところでもあるのだけど、一般的とは言うにはやや抵抗があるだろ。

しかし、上のような移動ポッドなら、話は断然違ってくる。誰がどんな服装でも乗ることができる、汎用的なものになれるだろう。TOYOTAが試作して愛知万博でお披露目したコンセプトモデルと同じ流れだ。

4輪車は移動に対する人の感覚を大きく変えたけれど、この2輪車は、その基盤の上に立って、同じくらい大きな変化をもたらすものになるかもしれない。長い時間を掛けて。

|

« 雑記061222 | Main | 雑記061224 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/13168002

Listed below are links to weblogs that reference セグウェイの進化:

» ゼファー750情報 [ゼファー750が好き!愛車ゼファー750で旅をする]
ゼファー750情報 [Read More]

Tracked on 2006.12.25 at 11:31 PM

« 雑記061222 | Main | 雑記061224 »