« iPhone & Mac 3点 | Main | いじめと談合からの脱出 »

2006.12.09

「硫黄島からの手紙」

「父親たちの星条旗」に比べると、こちらの方が数段よい出来。と思うのは私が日本人だからか。敗戦国である日本人にとって、戦争は「悲惨」という言葉と分かちがたく結びついているのに対して、米国人にとっては、時に「栄光」と感じられるところが少し違うのかも。
二本でセットと考えなくても、日本軍の視点から描いたこの一本だけで十分存在感がある。広い年齢層に観ていただきたい一本。以下ネタバレ。

 

作中にはいろいろなタイプのキャラクタが登場する。合理主義的だが軍人として国に殉じる決心をしている司令官。合理主義的だが商人でありなんとか生き延びようとする兵卒。そのほかにも、自我と集団があまり分離していない典型的な「いい人」や、同じく集団主義的で序列が多少上なために横柄で独りよがりな者達。などなど。

群像として見ることももちろんできるのだけど、私は、等しく合理主義的でありながら、死ぬほかないと決心している司令官と、できれば生き延びたいと願う兵卒の対比として、この映画を観た。

そのように観ることで解ったことがある。司令官と兵卒では、異なる価値観を持つのはむしろ当然だ、ということだ。

司令官というものは、自分が死ぬことによって、広い範囲に影響を与え得る。直接には縁のない多くの人がその死を悲しみ、伝説を生み出し、集団を動かす力になり得る。
一方、兵卒の死にはそうした効果はない。単純に「死んだ兵隊は役に立たない」だけだ。
だから、両者の価値観が異なるのはむしろ当然であり、国にせよ軍隊にせよ、組織というものはそれを受容できるように作られなければならない。

考えてみれば、兵卒はおろか、市井の者にまで、司令官と同様の死を強要するところに、太平洋戦争後半の悲惨の原因はあったのだった。その理不尽を、この映画は効果的に思い起こさせてくれる。

さんざんな負け戦のあと、何が悪かったのか一向に反省することもなく、相変わらずの集団主義で走ってきたこの国が、ようやく自分のことを自分の頭で考え始めようとしているいま、それぞれがどのような自分をかたちづくっていくのか、じっくりと考えるきっかけに、この映画はなり得るのではないかと思う。


それにしても、監督を務めたクリント・イーストウッド。彼が本当に日本人をこれほど理解しているとしたらたいしたものだ。私はこの10分の一も米国人を理解していないと思う。「父親達・・」との出来の違いが腑に落ちないが、もしかすると「硫黄島・・」の方ではいいスタッフが付いたのかもしれない。

|

« iPhone & Mac 3点 | Main | いじめと談合からの脱出 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/12999157

Listed below are links to weblogs that reference 「硫黄島からの手紙」:

» 『硫黄島からの手紙』と『父親たちの星条旗』と『クリント・イーストウッド』(…とスティーブン・スピルバーグ) [男のこだわりブログ]
たった今、今日公開された『硫黄島からの手紙』を観てきた。レイトショーだったので、ほかほかのレビュー。 この秋、先に公開された『父親たちの星条旗』と、こ2作品で、クリント・イーストウッドの“硫黄島2部作”と言われている。 最近の若い人は、クリント・イーストウッドを“映画監督”として知っているのかもしれないが、もっと若い頃は出演料が世界でもトップクラスのハリウッドを代表するアクションスターで、今で言えばシュワルツェネガーやブルース・ウィリスみたいな感じ(この二人ももう古いか?)。 代表作『ダー... [Read More]

Tracked on 2006.12.10 at 08:00 PM

« iPhone & Mac 3点 | Main | いじめと談合からの脱出 »