« 「クリムト」 | Main | Tidal Wave »

2006.11.15

X01HT使ってみた

機会があって、ソフトバンクのスマートフォンX01HTを使ってみた。

端末としてはまあまあ納まっているデザインで、特にキーボードが使いやすい。W-ZERO3[es]は幅が広すぎて、真ん中辺りの最もよく使うキーに親指が届きにくいので、私には向いていない。手が大きい人はたぶんこれと逆の感想を持つのだろう。

付属品のスタイラスはごく普通の使い勝手。間に合わせのシャーペンよりはずっといい。
ジョグダイアルとボタンで、基本的なメニュー操作ができる。ちょっと込み入ったことをするときはスタイラスかキーボードだが、お決まりの手順なら片手で十分に操作できる。

電話は、ワンタッチでダイアルボタンが表示されて、特にストレスはない。iPodのタッチホイールの想像図などがネットに流れてるけど、今後はこういうのが普通になるのだろうか。発呼に比べて着呼はさらに簡単。普通の携帯と全く同じ1動作で通話に入れる。

とりあえず電話機能はOKということで、次にネットにアクセス。

最大で下り1.8Mbpsの3Gはさすがに快適と言っていい。AirH"の256Mbps程度で慣れている私には十分。

さて、今度はアプリケーションだ。仕事絡みでまずは動画を動かしてみたい。で、ブラウザ(IE)を開いてアップルのサイトへ。文字入力はさくさくいくが・・

このブラウザはかなり無理がある。QVGA(320×240)だからうまい表示方法があるはずがないのは分かっていたとはいえ、やはり問題ありすぎ。それは、次にQuickTimeのダウンロードをしようとしたとき、実際の障害となって現れた。パソコンでは普通に見えているダウンロードボタンが、なぜか見えない。表示モードが何種類かあるので全部試してみたが、最も可能性の高かった「表示調整しない」でもだめ。左半分の広々とした背景は表示されるのだが、ボタンも文字も出ない。スタイラスを滑らせてもヒットしない。
つまりQTのダウンロードはこの時点で挫折。

ブラウザ文字もかなり見づらい。メニューなどに使われている内蔵フォントは十分読めるから、ブラウザの文字の読みづらさはフォントを工夫して解消できるのではないか。このあたりは、VGAのWindowsMobileなら問題ないのだろうか。

さて、ダウンロードに失敗したので、次は、パソコンからファイルを転送してみる。ActiveSyncというのをインストールしてUSBで繋ぐと、X01HTのマイドキュメントフォルダをパソコン側で読み書きできて、これは使いやすい。私のデスクトップは3年くらい前のものでUSB1.0なのだが、1.0ってこんなに速かったっけ?と思うほど。
さっそくQTのインストールファイルを転送して、実行してみる。が、「有効なPocketPCアプリケーションではありません」とのお返事。ここで2回目の挫折。しかたなく、適当なwmvファイルを転送する。

さて、wmvを再生。画質は悪いというほどではない。スキンが邪魔で表示が小さいのが難点。ならばと全画面表示モードにしてみて、今日一番の驚きに襲われる。QVGAの画面いっぱいに表示されると思ったら、なんとまあ、中心の240×150程度の小さな表示だ。確かにスキンは消えて周囲は黒いのだが・・。何か設定が違うのだろうか。でも「全画面表示」ってこれしかないしな。
ここで3回目にして完全なる挫折。

他の、office系アプリや音楽再生は特に書くほどのことはない。
キーボードの使い勝手、手の中に納まるコンパクトな筐体、なによりその低料金がそそられるX01HTだったが、まだ改善の余地が山ほどあるようだ。もう少し待ちか。

因みに、調べたところでは、初期費用約2,500円、月額費用約15,000円で通話基本料+ネット使い放題。他社への通話は従量付加料金。1年後解約として解約時約13,000円ということで、Docomoの法人向けhTcZの目を剥くような高い値段に比べて破格の安さ。SOFTBANKはいろいろ叩かれるけど、冷静に計算してみればNTTより断然安いものもある。


あーそれにしても惜しかったな。もうちょっとで自分用に買うところだった。

にしても、私の3年越しの携帯はいつになったらガムテープで壊れた電池蓋を押さえる状態から脱出できるのだろうか。
Willcom、他社みたいに機能もデザインもかちょいいのをはやく出してくれー。

|

« 「クリムト」 | Main | Tidal Wave »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference X01HT使ってみた:

« 「クリムト」 | Main | Tidal Wave »