« 「パプリカ」 | Main | 雑記061126 »

2006.11.26

企画と現場の行き違い

丸善に、ちょっとオサレなしおりが置いてある。書棚の分類と同じグループ分けで、AからGまで色違いのがあって、本を買うと店員さんが1枚挟んで渡してくれる。
当然、本のカテゴリに合ったものをくれると思いきや・・

「イスラームとは何か 小杉泰」 を買って、しおりは「G:洋書、理学、工学」。なんで? 仕方なく自分で「F:人文、社会・・」を手に入れて帰る。

ここで例によって勝手に妄想。

本社の企画担当考えるに曰く。「センスのいいしおりができた。お客さんに本を手渡すときは、本にあったカテゴリのしおりを挟んで渡すようにしたら、きっと喜ばれるに違いない。よし、さっそく店頭に配備だ!」
店頭の人思うに曰く。「そーんな面倒臭い。第一なにこの本。カテゴリわかんない。てけとーなのでいいわもう。」

かくして「イスラーム・・」の本に理工学書のしおりが付いてくることになるわけだ。(以上妄想)

妄想はそれとして、こうした行き違いは少なからずあるように思う。企画屋は良かれと思ってやっているし、次から次へ企画を立てることが彼自身の評価に繋がるから、それは熱心に企画を正当化する理屈を考えるわけだ。

一方、実施段階ではそうしたもののほとんどは無視されがちだ。現場の時間や人員リソースは限られているから、新しい企画なんて付き合ってやる暇はない。という表向きの理屈とは別に、実は、企画の意図がよく伝わらなかったり、企画屋が想像するほど現場のスタッフに知識能力がなかったりすることもままあるだろう。

丸善のような比較的本を大切に考えているはずの本屋にしてからが、そうなのだから。
こうした構図はそのまま放置されていることが多いのではないか。


ひょんな不満からいろいろ空想してしまったが、とりあえず企画屋としては、現場がパンクしないようにという視点は必要だなと思う次第。

|

« 「パプリカ」 | Main | 雑記061126 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 企画と現場の行き違い:

« 「パプリカ」 | Main | 雑記061126 »