« 「形骸」にかかるコストは減らしたい | Main | IE7日本語版 »

2006.10.29

「父親たちの星条旗」

この後公開のもう1本とセットで観てみないとわからないが、一言で言うと、疲れる映画。スピルバーグが真面目にやるとこうなってしまう、というか。もっと短く出来るはずだしするべきと思う。途中、スピルバーグに激似のカメラマン(笑)が出るシーンなんか本当はいらないからカットして、もっとコンパクトにしてほしかった。

一応、日本側視点で撮った次の作品と比較するためにメモだけ残しておくと、
・つくられた英雄像
・彼らが戦う本当の理由
あたりがポイントか。

戦う理由として、「国のために戦うのはそれはそれでかまわないが、命まで掛けるのは仲間のためだ」というあたりが肝。きっと日本側の視点ではこのあたりが違ってくるのではないか。二本目の予告編で、戦後のわしらにとっては鬱陶しい感じが既に濃厚に漂っている。

もうひとつ、日本側は最初から玉砕覚悟なのに対して、米国側は5日で制圧のはずが1ヶ月以上もかかって誤算、くらいの気分なのが、決定的に違うはず。

前人気の割りにあんまり面白い映画ではないと思った。二本セットで見せるという興行側の煽りにはまってしまったのかもしれない。

|

« 「形骸」にかかるコストは減らしたい | Main | IE7日本語版 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/12473566

Listed below are links to weblogs that reference 「父親たちの星条旗」:

» 父親たちの星条旗 壮絶な戦闘シーンは圧巻、でもどこか「プライベート・ライアン」に似ている [シカゴ発 映画の精神医学]
 クリント・イーストウッド監督の硫黄島の戦いを題材にした新作。 早くも「アカデミー最有力候補」とも言われており、日本でも前評判は高いようだ。 昨年の「ミリオンダラー・ベイビー」で、イーストウッドの監督としての力量にノックアウトされた私は、早速鑑賞...... [Read More]

Tracked on 2006.11.05 at 06:52 PM

» 「父親たちの星条旗」とシカゴ~ソルジャー・フィールドの歴史とトリビア [シカゴ発 映画の精神医学]
 「父親たちの星条旗」は日本では、公開第一週で興行収入が第2位。  アメリカでは公開第一週が3位、第二週が4位ですから、アメリカよりも日本の方が盛り上がっているようです。 アメリカでは太平洋戦争というと「過去のもの」という印象なのでしょうが、...... [Read More]

Tracked on 2006.11.12 at 07:03 AM

« 「形骸」にかかるコストは減らしたい | Main | IE7日本語版 »