« 雑記060922 | Main | 「私を離さないで」 »

2006.09.23

YouTubeが直面しそうな次の課題

メジャーなメディアの中にYoutubeと協同する動きがでてきたことで、この新しいメディアは、著作権に関する壁はどうにか乗り越えていきそうに思う。

そうなると、これまでは著作権問題の陰に隠れていた他の課題が、今後、表面化してくるのではないか。

Youtubeに立ちはだかる次の壁のうち、大きなものとしては「誹謗中傷」や「肖像権」がありそう。著作権侵害が広告から上がる利益で概ね補償できるのと違って、この課題は少々やっかいだ。理由は、金で解決できないこともあるから。

誹謗中傷問題は、ネット始まって以来の課題だからそれなりの処理スキームがありそうだが、肖像権はたぶん新しい問題として浮上するのではないか。これまでも、マスコミで報道された事件の関係者の顔写真が流されるなどの問題が起きているが、Youtubeのような不特定多数が見るメディアに、動画という究極の説得力を持つ素材で都合の悪いところを承諾なしに流されてしまうと、問題がこれまでとは違う次元に突入しそうな気がする。

ひとつひとつ解決していくとはいえ、なかなかしんどいことではある。

|

« 雑記060922 | Main | 「私を離さないで」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/12010465

Listed below are links to weblogs that reference YouTubeが直面しそうな次の課題:

« 雑記060922 | Main | 「私を離さないで」 »