« 雑記060904 | Main | PS3(=ぶるーれい陣営)にハリウッドの強敵現る(笑) »

2006.09.05

生活を掛けたプロの議論より、謙虚になり得る素人の議論

オーマイニュースと著名ブロガーが「市民ジャーナリズムの可能性」を討論

副題は「市民記者のアイデンティティを保証できれば「実名にこだわる必要はない」」だが、これは私の中ではとうに決着しているし世の中もその方向でコンセンサスができつつあると思うので、あえて触れない。

この記事の中で私が注目したいのは、次の意見。

『朝まで生テレビ』は、出演者がどなりあって、結局時間切れになるが、それはプロが議論に負けると社会生命を失うから。その点、素人は論破されても失うモノはないので、徹底した議論が成り立つ。(山口氏)
これがたいへん重要。

|

« 雑記060904 | Main | PS3(=ぶるーれい陣営)にハリウッドの強敵現る(笑) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

徹底したからといって,良い/正しい答えが出るわけではない。
頑張りました。では,褒めてもらえるかもしれないが飯は食えない。
「群盲象を撫でる」とはこのことだ

Posted by: とおりすがり | 2006.09.09 05:56 PM

プロの議論を聞いていると、奇妙なところで舌鋒が鈍ったり、議論を回避している印象を受けることがあります。そういうときは、生活がかかっているといろいろな人の顔が脳裏に浮かぶのだろうな、と勝手に想像したりしています。時には、相手の論客としての生命を気遣っているのかもしれません。

そういうわけで、この山口さんという方の意見を私は「重要」であると感じたのです。
「良い/正しい答え」を出したり「頑張って褒めてもらっ」たり「飯が食える」ことが思い浮かんだわけではありません。とおりすがりさんのコメントにはその点で、私たち素人の議論にありがちな思い込みか誤解が混ざっているかもしれません。

そもそもプロは、私のような素人と違って、足元を掬われないように十分吟味した上で発言するものであり、素人の議論はたいてい、プロが苦労して情報を集めて組立てたものをもとにしているものが多いとは思います。その意味で、プロの議論が不要とか劣っているとは思いません。しかし一方で、プロの議論が必ず素人の議論より優れているかというと、そうとも言い切れないようにも思います。

議論の正解がひとつではなく結論は出せないことが多いことが、こうした疑問が生じる理由ではないかと、私は思っています。そういう状況で、拙くても自分で何かを考え、決断したり行動するためには、プロの議論に比べて押し付けがましくない素人のそれにも、一定の効果があるのではないかと思います。

Posted by: hski | 2006.09.10 12:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 生活を掛けたプロの議論より、謙虚になり得る素人の議論:

« 雑記060904 | Main | PS3(=ぶるーれい陣営)にハリウッドの強敵現る(笑) »