« iPodマイナーチェンジほか | Main | 従量制再び? »

2006.09.14

埋もれさせたくない話し

自由に新しいビジネスを開拓する技術と、理解できないものにはとりあえず犯罪のレッテルを貼ろうとする権力との衝突、とでも言えばいいでしょうか。

SIMロックの解除は犯罪ではない

警視庁は、L&Kが「窃盗団の一味だ」という偽情報を毎日新聞に書かせたものの立件できず、陸社長だけが商標法違反と不正競争防止法違反の略式命令で罰金80万円、あとの社員は不起訴で、全員釈放されたのである。
(中略)
今回の別件逮捕は、こうしたビジネスの現状も競争政策も知らなければ、初歩的な技術的知識もない捜査官の行った重大な人権侵害である。警視庁は、SIMロックの解除は犯罪ではないことを公式に明らかにし、陸社長に謝罪すべきだ。警察の偽情報に踊らされて彼を犯罪者扱いしておきながら、不起訴処分は報じないマスコミ各社も無責任だ。彼らも訂正記事を出すべきである。
こういう話しはどうせマスコミは取り上げないのだから、せめてわしらブログ書きくらいはあちこちで話題にして、認知が広がるようにしたいものだと思います。

それにしてもお粗末な警察。

|

« iPodマイナーチェンジほか | Main | 従量制再び? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 埋もれさせたくない話し:

« iPodマイナーチェンジほか | Main | 従量制再び? »