« 意外に便利なページ | Main | 「パアソナライズ」のお節介に要注意 »

2006.09.17

BAY QUARTER YOKOHAMA

先々週オープンしたらしいので行ってみた。
以前は、こういうものはオープン初日に見にいくのが常だったけど、歳をとったということなのかな。

場所はそごうの裏のシーバス乗場の上なので、アプローチもそっちから。後からわかったのだけど、橋側にも駐車場入り口があって、バイクのときはそちらから入る方がいい。そごう側のアプローチは天井が低いので気分よくないのだ。急ごしらえ風のブランドショップを並べてみてもその感じは変わらない。内装のコンセプトを変えれば多少よくなりそうなんだけど、今のところ工夫がない。

さて、建物を歩いてみて思い出した。アクアラインの中間点にある「海ホタル」がこれとよく似た感じ。3層にわたって吹き抜けた上に帆布風の屋根を架けた感じとか、横方向にも風が抜ける道がいくつもあって開放的な感じとか。
外周を店舗に独占させずに歩行デッキにしたのもいい。おやと思うところにひょっこりあるタラップのようなスケール感のエスカレーターとか。
海ホタルもそうだったけど、これのコンセプトは「船」だろうか。
平面がぐにゃぐにゃで迷路的なのも、私はきらいじゃない。レンタブル比至上主義はこうした建物には似合わないし。

イベント広場のつくりがうまい。広すぎない空間の落ち着きと水面に向けて少し開いた感じが、眺めのいい窓のある居間のようで居心地がよい。おまけに、橋側の大通りから狭いスロープをちょっと上がっただけでこの親密な空間にアプローチできるあたり、ヨーロッパ中世都市の広場みたい。外装や材料は全然違うけど。構成が似ているのかな。そのうちここで大道芸とか始めるだろうから、そうしたら時々来て寛ぐのによさそう。

難を言えば、広場から舞台に向かった見上げは、私とは趣味が違うなと思う。作り手は気付かなかったはずはないから、意図してそうしたということだろう。でもなぁ。あれは教会の塔にはなり得ないものだと思うんだが。

外装を特徴付けている白い壁はどうだろう。近くで見ると汚れがたまりそうな断面。1年後の課題かも。他にところどころ、デザインの手抜きかと思うバラック風の納まりがあって興を削がれる。ていうか、納まってないぞ(笑)。外周のデッキとタラップも、もう少し外観を整えるようにつくれなかったものだろうか。MyX側の外観などはまさに白いバラ。もとい、白いバラック(笑)。

テナントは、まあどんどん入れ替わるだろうから、なんともわからない。HANNspreeというTVメーカー?のアンテナショップがちょっと面白い。カエルのモニタはネットのどこかで見たことがあったけど、ほかにも消防車とか果物シリーズとか。オフィシャルサイトの写真を見ても買う気は起きないが、実物の質感を見るとちょっと欲しくなる。


ということで、横浜駅と日産本社予定地を結ぶ絶好の場所にできたこの施設、おいらは結構気に入りました。
ここの最大の課題は、たぶん風と雨。開放的な分、ダメージは大きいだろう。まあ、そういうときは人出も少ないだろうから、読みかけの本でも持っていくとしよう。店の店員も、そういう日は客とおしゃべりして寛ぐ日にすればいい。

ていう生活スタイルの提案なんですよね。この建物は(笑)。


[追記]
日産と駅の中間より少しはずれているから、「絶好」とは言いすぎだった。

|

« 意外に便利なページ | Main | 「パアソナライズ」のお節介に要注意 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/11936539

Listed below are links to weblogs that reference BAY QUARTER YOKOHAMA:

« 意外に便利なページ | Main | 「パアソナライズ」のお節介に要注意 »