« 紀州行060817 | Main | スーパーマン リターンズ »

2006.08.20

時をかける少女

よいなあ。青春していて。
映画館のロビーに「もしあなたがタイムリープできたら何をしたい?」という質問の答えを書き綴った短冊がたくさん貼ってあった。「女子高生にもどりたい」とか「○○の時に戻って謝りたい」とか「おじいちゃんおばあちゃんに会ってお礼をいいたい」とか、出来すぎの答えが多かった。タイムスリップものの狙いはその切なさにあるから、こういう反応を多数引き出したこの映画は大成功と言っていい。
以下ネタバレあります。


この映画は、主人公真琴のキャラが実によく立っている。こんな真っ直ぐでオープンで明るい人間が現代の東京に居ていいのか!(笑)というくらい。それでいて不自然さはほとんど感じさせない。こんなのがいたら毎日が楽しいよなと思わせる。アニメの世界では典型なのかもしれないが。

その真琴がクライマックスで、これまた開けっぴろげにわんわん泣くシーンがいい。何というか濁りのない涙というか。書いててこっぱずかしいが(笑)。

そういう、おじさんも久々に心洗われるジュブナイル映画がこれ。原作の主人公をうまい形ではめ込んでいるのも懐かしさをくすぐる。


この映画はいろいろよく練れていると思うのだけど、中でもそのうまさをひとつだけ挙げるとすれば、例の不思議な「絵」を入れたことだ。
タイムスリップを繰り返していると、お話しの全てが相対化されていって流動的になってしまうものだけど、この「絵」が主要登場人物、真琴、千秋、魔女おばさんの3人をつなぎ止めて、確たる時間の流れを感じさせるアンカーになっている。

お話しの筋からは浮いているかに見えたこの「絵」のエピソードが、最後にどう生きてくるか、映画にどんな余韻を与えるか、それは観てのお楽しみ。


私は金曜の昼に観たためか、観客には若い人が多かったけど、巷の映画評によると中年にも受けているらしい。広い観客層に訴えるものがあり、それをいかんなく表現できる力量が作り手にあり、そうして出来上がった幸せな映画がこれ。至福のひとときを楽しめること間違いなし。褒めすぎか(笑)。

最後に、オフィシャルサイトにある監督の言葉の一部を引用しておきたい。

この映画には、ふたりの女性が登場する。ひとりは、かつて、「時」をかけた女性。もうひとりは、今、「時」をかける少女。このふたりのヒロインを通じ、時代によって変わっていくものと、時代を経ても変わらないものについて考えてみたいと思う。「時をかける少女」には、その時々の言葉で、時々の方法で、時々の少女たちで、何度も語られるべき、世界の秘密が隠されているのだと思う。

[番外]
筒井康隆原作といえば、「パプリカ」も映画になるらしい。そういえば「日本以外全部沈没」も(笑)。「パプリカ」はともかく、「日本以外・・」は大丈夫なんだろか。期待して待とう。

|

« 紀州行060817 | Main | スーパーマン リターンズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 時をかける少女:

« 紀州行060817 | Main | スーパーマン リターンズ »