« 中国には中国の事情 | Main | W-ZERO3[es] »

2006.07.02

海辺のカフカ

圧倒的な偏見を持って強固に抹殺するんだ。
<奈良高1放火殺人>父親「失火願ったが…」 まだ面会せず

奈良の高1は16歳。ハリーポッターが好きでよく読んでいたそうだ。一方、「海辺のカフカ」の主人公は15歳。この小説は平成14年刊行だから、奈良の高1が15歳の時に読むことは可能だった。彼が、ハリーポッターなどではなく海辺のカフカの方をもし読んでいたならと思わなくもない。もちろん、そんな機会は訪れなかったのだろうし、だからこそあんな事件が起こってしまったのだろうけど。

あるいは読み違えたから起きたのか。


私は、彼が継母や兄弟ではなく父親をこそ抹殺すべきだったなどと言っているのでは、もちろんない。「海辺のカフカ」はそんな皮相的な話しではない。
むしろ、父親を通して彼の前に立ちふさがっていた、形のないものをこそ、強固に抹殺すべきだった。圧倒的な偏見をもって。

そうしないと、君が同じことをやられる。
それが現実の世界だ。確かにね。
あるいは、孤独で善良な15歳にはまだ無理であれば、一旦逃げ出して旅をしてみるべきだったかもしれない。


この小説は、その15歳の旅を軸にして、意識されない縁と人の世の成り立ち、彼が生き延びて未来に行うべきことの暗示、を描いたものだ。他にも結構大切なことがいろいろ描かれているが、奈良の高1の事件と見比べてみると、その2つが浮き出して見えた。

現代の少年には、逃げ出した先に受け入れる場所や人がどこにもないということが、たぶん問題なんだろう。いや、そもそも逃げ出すかどうか悩む時間と心の余裕さえないのかもしれない。

 

まずい状態なのじゃないか。
放置すれば、20年後にこの反動はきっと来る。

|

« 中国には中国の事情 | Main | W-ZERO3[es] »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 海辺のカフカ:

» <奈良高1放火殺人>父が週1、2回暴力 勉強の指導中に [湘南のJOHN LENNONの独り言]
<奈良高1放火殺人>父が週1、2回暴力 勉強の指導中に 奈良県田原本町阪手の医師、吉川元祥さん(47)歳の長男である16歳の高1の少年が、継母とその子供を焼死(実際は一酸化炭素中毒)させてしまった。このショッキングな事件の背景が徐々に解明されつつある。16歳の子供を追い詰めた原因は果たして何なのだろうか?小生も同じ歳の男の子をもつ父親として、いろいろと立場を置き換えてみたりして考えてみた。 この少年の行為は当然許されない。彼は相当追い詰められていて、まともな精神状態での行動ではな... [Read More]

Tracked on 2006.07.02 03:47 PM

« 中国には中国の事情 | Main | W-ZERO3[es] »