« 雑記060729 | Main | 雑記060730 »

2006.07.29

ゲド戦記

真面目すぎてちょっと痛いというか。

原作をよく覚えていなくて、アンチョコ本などをぱらぱら予習してから映画館へ行ったので、お話しにはついていけた。でも原作の知識なしだと、かなり辛いかも。

お話しの筋はたぶん原作とはかなり違う上に、原作の設定はほとんど説明なしに使っている。原作の世界を知った上で、別のお話しを追うこともできる観客でなければ、これではわからない。

表現も、下手さが目立った。肝心な盛り上がりのところで、何というか、逃げてしまってお茶を濁した感じ。影と光がひとつになるアレンの変化など重要なところなのに、あれ?それでおしまい? という感じ。テルーと竜との関係もさっぱりだ。原作の設定を知らない観客には、肩透かしな感じがしたろうと思う。
いわゆるジャパニメーション的な過剰な表現がいいとは思わないが、登場人物の内面の変化をはっと感じさせる「何か」は、省いていいものではない。見えぬものを感じとらせるのが優れた表現者というものであって、そこが単なる省略に見えてしまっては、観る方の不満はつのる。「見えぬものこそ」などと宣伝で伏線を張るのは筋が違うだろう。
もっとも、原作の雰囲気があっさりしていたようなうろ覚えの記憶はあるから、それに忠実につくったのかもしれないけど。


たぶん、作り手は頭でっかちなんではないか、と思った。
前評判がよくないのは知っていたけど、それでもやはり、期待をかなり裏切られたといっていい。

伝えたいメッセージはストレートにわかるけど、そんなことは観る前からわかっている。なにしろいつもどおりのジブリ映画なんだから(笑)。

必要なのは、腑に落ちること。泣いたり笑ったり怒ったり嬉しくなったりできること。
大賢人も似たようなことをどこかで言ってなかったっけ?

「思想」みたいな頭の中だけのものに比べて「表現」や「伝達」や「納得」のように外の世界と関わるものは難しい、ということを分からせてくれた、と同時に、これまでのジブリ映画がどれほど高い水準を保っていたかを暗に教えてもくれる1本でありました。

 

もしかしてプロデューサーは、今回は主題歌のプロモーションだと割り切ってるかな?
次回に期待ということかも。

|

« 雑記060729 | Main | 雑記060730 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

こんばんわTBさせて頂きました。
私もです、期待をかなり裏切られた感が。
原作を読んでなかったのも大きいのかと思いますけども・・・。
何はともあれ次回作に期待と言うところでしょうか。

Posted by: るい | 2006.07.30 04:02 AM

そうですね。監督のお父さんは観た後で、「素直なんじゃないか」と肯定的な評価だったそうで、確かにキャリアの始まりで間違った方向を向いているよりはよかったのだろうと思います。

世の中の卵の多くが、その最初の機会すら得られずに消えていくことを想って、より深みを出していってほしいと思います。

「次回作に期待」と言ってもらえることなど、普通はないのですから。

Posted by: hski | 2006.07.30 03:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ゲド戦記:

» ゲド戦記 [31ct.読書部屋]
ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック アーティスト:寺嶋民哉販売元:徳間ジャパ [Read More]

Tracked on 2006.07.30 04:01 AM

« 雑記060729 | Main | 雑記060730 »