« 「ワーキングプア」 | Main | 雑記060729 »

2006.07.27

幸せのポートレート

しんみり泣ける。
爆笑できる。
展開は最後までちょっぴりはらはらさせる。
どの俳優も役柄にぴたりはまっている。
大家族の幸せを描いている。

涙と笑いでいうことなしの1本。


映画の感想はそれとして、ちょっと余計なことを考えてみる。
ここに登場する家族は昔ながらの大家族だけど、米国の実際はどうなんだろうか。日本と同様に、単身世帯や夫婦のみ、あるいは片親の世帯などが増えていると聞くのだけど。

もしこの映画が、さざえさんみたいな幻だったら、それは少し悲しい。

|

« 「ワーキングプア」 | Main | 雑記060729 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 幸せのポートレート:

» 劇場『幸せのポートレート』 [映画ダイエット]
監督&脚本:トーマス・ベズーチャ 出演:サラ・ジェシカ・パーカー、ダイアン・キートン、ルーク・ウィルソン、クレア・デインズ、ダーモット・マローニー、レイチェル・マクアダムス、グレイグ・T・ネルソン他 キャリアウーマンのメレディス(サラ・ジェシカ・パーカー)が..... [Read More]

Tracked on 2006.07.31 12:02 PM

« 「ワーキングプア」 | Main | 雑記060729 »