« 雑記060625 | Main | 検閲より怖い隠された格差 »

2006.06.25

グッドナイト&グッドラック

見逃して残念に思っていたこの映画、上映館を変えて継続していたので、さっそく観にいく。

しぶい。でもちょっと退屈。

エド・マローのかっこよさをよく表現した映画。ということは、裏を返せば、マッカーシーという人の下品さをよく表現した映画。わしら庶民は、こういうプロバガンダ上手の手に乗らないように気をつけないとね。

そのエド・マローも、メディアの大衆化と娯楽指向には勝てず。こちらの方が今風の問題意識ではある。映画の終わりの方では、エド・マローのスピーチの形をとって、娯楽指向の傾向を批判している。マッカーシー風の手法は、娯楽指向と相性がいいことも、作り手の念頭にあるかもしれない。
でも現実には、硬派な人たちは、娯楽指向の中に自分の主張をうまくビルトインする方法を求められるんだろう。好むと好まざるとに関わらず。

そういう、いわば二重性を要求される今のような世の中では、エド・マローのような人は化石となった道標でしかないとも言える。


この映画があくまで、モノクロ懐古趣味風につくられているのは、そういう背景を作り手が知っているから、と思いたい。エド・マローの補佐役という、割とおいしい役どころで出演していたジョージ・クルーニーは、作り手としてそれをよくわきまえているのではないか。

ひとことで言えば、大人が作った大人のための自省的懐古趣味映画。
長たらしいひとことだな(笑)。

|

« 雑記060625 | Main | 検閲より怖い隠された格差 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/10669684

Listed below are links to weblogs that reference グッドナイト&グッドラック:

« 雑記060625 | Main | 検閲より怖い隠された格差 »