« 「他人のせい」は過去のもの? | Main | ダ・ヴィンチ・コード »

2006.05.20

島唐辛子で夕涼み

あつい。一足先に夏のような。

暑さにあわせて生蕎麦を煮る。鰹のたたきに青唐辛子の粉。
この青唐は「島唐辛子」という名で、この連休に新島で知った味。刺身によく合う。


“フェミニズム”ってなんですか?」(内田ゼミの名門?女子大生)

もっとも内田先生が教えている○戸△学院というところは、中学部から上がってくる学生が大半で、中学部への入学は灘中よりも難しいが、世間では「○才を入学させて△才にして卒業させる学校」ということになっているから、あまりいいリファランスじゃないかも。
おお。喧嘩売っとる。(笑)


アニメのチャングムと、実写のチャングムを比べて、改めて、アニメでは人の表情の表現で人間の俳優に敵わないと宮崎駿さんが言っていたのがよくわかる。その制約が理由で、お話しの中味もなんだか薄っぺらに見えてしまう。
作ってる人たちはそう思わないのかな。


共謀罪法案、成立は困難 議長仲裁、背後に首相の指示

本来の目的はたぶん、国際的な犯罪組織に対する取り締まりを強化することだったのだろうと思うのだけど、ずいぶんと拡大解釈可能と思える法案を最初に出してしまったのが、疑心暗鬼を呼んで揉める原因になった、という印象。

最初に法案を作った人は、いったい、本来の目的を達成する気があったのかどうか。むしろ、条約に便乗して誰かの願望を満たしたかったのじゃなかろうか。そういう姑息な意図がもしあったとしたら、法案は通って欲しくない。
そういう、わしら普通の庶民の意識に沿った行動をとる人が、支持率を上げるのは当然だ。

という基本的なところを、政治家の人たちはもっと肌でわかっても良さそうなものだけど。
顔の見える支持者とだけ付き合ってると、風が読めなくなるのかも。


匿名性は(いわゆる)弱者だけの特権ではない

このエントリはいいと思うので、メモ。
部分を取り出すだけではもったいないので、あえて引用はしない。全文に意味がある。

|

« 「他人のせい」は過去のもの? | Main | ダ・ヴィンチ・コード »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/10158311

Listed below are links to weblogs that reference 島唐辛子で夕涼み:

« 「他人のせい」は過去のもの? | Main | ダ・ヴィンチ・コード »