« 雑記060513 | Main | ブロークン・フラワーズ »

2006.05.14

アイスエイジ2

何がなんだかわけわからんうちに盛り上がってハッピーエンド。でもいいのじゃないでしょうか。

動物を擬人化するとすごくキャラクタが明確になる。シド、ディエゴ、マニーのトリオはその存在だけでこの映画を持たせている。こいつが次に何を言うんだろう、どうするんだろう、と思うのが、この映画の楽しみ方。そう思わせるように大げさでクサイ台詞満載。ストーリーはそのための山や谷を提供するためだけに、適当に取って付けられている。全編CGだから、あり得ないようなシーンの構築もお手のもの。すべてがキャラの魅力を引き出すためにつくられる。

当初、どうしても字幕版で見ようと思って1週間延ばしたのだけど、やはり夕飯の時間帯では難しい。諦めて吹き替え版で観たのだけど、悪くなかった。クサイ台詞を日本語で聞かされるのには閉口したが、大勢の人のざわめきなどはかえってよかった。


たまに、近所とは違う映画館で見てみようと思って品川へ行ってみたら、プレミアムシートのスクリーンで観ることができた。ゆったりしていて、始まる前はいいもんだけど、始まってしまえばあんまり変わらないかな。どうせ暗いし(笑)。

上映前の広告で、X-MENの次回作の予告編が! 子連れが多いアイスエイジの観客がX-MENを観るのかどうか、関連がよくわからず悩む。

ていうか、早く見たいんですけど。

|

« 雑記060513 | Main | ブロークン・フラワーズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/10047927

Listed below are links to weblogs that reference アイスエイジ2:

« 雑記060513 | Main | ブロークン・フラワーズ »