« 雑記060414 | Main | おらの成分 »

2006.04.14

googleカレンダーに見る利点と限界

Welcome to Google Calendar

バーチャルオフィスをサービスするには欠かせないカレンダーソフトが公開されている。これを見ると、こうしたオンライン無料ソフトの利点と限界が端的にわかる。

利点はもちろん、ネットの向こう側であること。このため、ブラウザの環境さえあればどこからでもアクセスできる。従来のオフィス系ソフトのように、自分のオフィスのパソコンでなくても使えるわけだ。グルーピングも自在だから、直行直帰の営業スタイルをとっている企業でも、スタッフ間でスケジュールを共有でき、なんら問題ない。
この利点は、外歩きや複数のオフィス利用が多い私にとっては、結構大きい。

欠点は、無料であることからくる。このため、Googleの検索バナーを設けたり、いずれは広告を出したりするのだろうけど、それが案外スペースを食ってしまう。上部に出ているGoogleロゴと検索窓のせいで、1日のスケジュールのうち、9時から15時までしか表示できない。そんなカレンダーが使いやすいだろうか?
おそらく使い勝手とビジネス上の要請の摺り合わせをさんざん検討したであろう結果がこれだ。

え? 1024×600なんて想定外? ・・・orz

レスポンスも早いし有料で構内サーバを使う同種のソフトと機能的には遜色ないけれど、残念ながら余計な広告や検索窓がべたべた付く画面が仕事で使いやすいとは思えない。


せめて検索窓は、ブラウザのツールバーと重複しないようにできないのだろうか。

・・ああ、カレンダーの検索窓はGoogleだけど、ブラウザのツールバーはYahoo!の窓にすれば、両方使えてGood、っていうことなのかな(笑)。

やっぱり有料オプションメニューもほしいっす。

|

« 雑記060414 | Main | おらの成分 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/9588141

Listed below are links to weblogs that reference googleカレンダーに見る利点と限界:

« 雑記060414 | Main | おらの成分 »