« 郵便局にあって民間宅配にないもの | Main | サウンド・オブ・サンダー »

2006.03.25

県庁の星

柴咲コウのふっきげ~んな顔は最高。

最近調子に乗って化粧品会社のTV広告なんかに出て嬉しそうに笑顔を振りまいてるけど、似合わないぞー。うれしいのはわかるけど。

やっぱり目の下にクマつくって朝から晩まで働いてどーして暮らしが楽にならないのって思いつつでもなんか手足が勝手に動いてどんどん仕事してしまうから回りから重宝がられて休むわけにもいかずストレスたまってフッキゲン。
ていうのがすごぅくよく似合ってると思うのだが。
もうそれ以外の役にはなれそうにないくらい似合ってると思うのだが。

お話しの方はわしら庶民のつぼをぴったり突く脚本屋さんの職人芸。落としどころも有りがちなバランスのとれた線で、安心納得。織田裕二演じる県庁君がもし革命起こしたりしたら、リアリティが消し飛んで別のものになるというぎりぎりのところでまとめていて、すばらしくライト。


これを金払って見ない手はない。

|

« 郵便局にあって民間宅配にないもの | Main | サウンド・オブ・サンダー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 県庁の星:

« 郵便局にあって民間宅配にないもの | Main | サウンド・オブ・サンダー »