« かもめ食堂 | Main | Winny関連の派生意見 »

2006.03.21

野球には勝ったけど

人が映画館で柴崎コウのいつもの不機嫌な顔に見とれている間に、日本が野球で世界一になったらしい。

普通は素直に勝った目出度いと騒ぐところを、学者さんというものは喜び騒ぐにも理屈をつけるものである。

王ジャパンの勝利を嘉す

アジアカップを契機に噴出した反日感情とそれに対抗して亢進した国内での反中機運の高まりをオダジマ先生はこう総括する。
「救いは、最終的に日本が優勝したことだった。
もしあの状況で、半月以上にわたる執拗な侮蔑と失礼にさらされながら、私たちの日本代表が最終的に中国に負けていたら、われわれの対中感情はもっと致命的に硬化していたはずだ。
『ざまあみやがれ』
という感情は、もちろん立派な反応ではないが、それでも
『ちくしょう。おぼえてやがれ』
よりはずっと良い。

(中略)

おかげで日本人はしばらくのあいだ、中韓米に対する「勝ち負け」に感情的にのめり込む機会をスルーすることができる。

ああよかった。わしら知らないうちに危機を回避してたのね。
でも待てよ。中国や韓国の方はどうなんだろう。彼らの対日感情は硬化しないのかな。

試合前や試合中に相手国を執拗に侮辱したりしないのが、「人に迷惑をかけない」ことを美徳とするこの国の美質だから、海の向こうの彼らが試合で負けたからといって態度を硬化させる気遣いはない、はずなんだが。

はずなんだ。

なんだか罪作りだなあ。無限に続く敵討ち。
ともあれ、今年は勝ててようございました。

|

« かもめ食堂 | Main | Winny関連の派生意見 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 野球には勝ったけど:

« かもめ食堂 | Main | Winny関連の派生意見 »