« 雑記060223 | Main | ナルニア国物語 »

2006.02.25

ネットの核心を再確認

「ウェブ進化論」著者、梅田望夫さん(45)に聞く(上)

当事者には当事者にしか語れない物語がある。
それを(フィルターを通さずに)広範囲に共有できるようにしたのが、ネットというメディア。

いまさら言うまでもないことなのだが、このところ2.0とかロングテールとか、マーケット屋さんが好みそうな(私も好きだけど(笑))ジャーゴンが飛び交って、ともすると核心を忘れがち。改めて確認したい。

うまい解説よりも当事者の声の方が重要。
 
 
 
そういえば、物理実験の先生は「生データこそが最も重要だ」と強調して言っていた。予定調和的受験勉強に慣れたわしら学生には苦難以外のなにものでもなかったけど、振り返ってみれば、あれが真実だった。
「生のお客様の声」、「ニュースの向こう側の当事者の声」、何でもそうなんだな。

思考のフレームワークが不要ということではないけど、いつも生の声に晒して見直しをしたい。


ふと見ると、上のエントリはコメントもいい。

[追記]
このところまた、いろいろな話が自分の中でシンクロしつつある。
ゴミ貯めスト
のコメント欄

先回りして全体の状況から個々が何をいうべきかを判断する必要はない。そうした判断は全体の状況を考えるのが仕事の人間の責任である。そこからまともな議論が立ち上がるはずである。お金がないです、でもオレはいやだ、じゃあどうしましょう、ということになる。一歩先を行く必要はないと思う。

社会がある思考のフレームワークを個々の構成員に強要する力が、日本では強すぎるのだろうと思う。
だから、単純に「いやです」とか「すざけるな」とか(笑)言えなくなって、「過労死」などというヘンなものが発生する。大学院生なんてあまりスレてないから、この現象が顕著に現れてしまう。

で、最近の自分のシンクロ感は、「予定調和」という言葉を軸にまわっているような気がする。
それを否定乃至破壊しようとするのが、カオス属性が色濃い私の傾向だ。

|

« 雑記060223 | Main | ナルニア国物語 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/8824084

Listed below are links to weblogs that reference ネットの核心を再確認:

« 雑記060223 | Main | ナルニア国物語 »