« 雑記060114 | Main | 雑記060116 »

2006.01.15

「ネットの向こう側戦略」の儲け方もやっぱりDRM

DRMとマイクロペイメントを握ることが、儲けにくいネットの世界で儲ける数少ない方法のひとつだということは、そろそろ広く知られるようになってきた。因みにもうひとつは広告。

さて、その事実は、ネットの向こう側企業であるGoogleにとっても、ネットのこちら側企業の横綱マイクロソフトにとってと同様、変わらないらしい。それは、例えばGoogleVideoで遊んでみるとよくわかる。

楽しい例として、コカ・コーラの飲料「Qoo」の古いCMを見てみる。

Google videoで、"coca cola CM"で検索すると出てくるのだが、これ自体はFlashだ。ここで、Google video Playerをダウンロード、インストールして、さて、"Manually download the video"で、「Qoo」のCMをダウンロードしてみると、このファイルは単なるポインターに過ぎず、開くとネットの「向こう側」から本体ファイルのDLを始める。なんのことはない、ストリーミングしているだけだ。


これを見る限りでは、Google提供のDRMを使わせる、ひいてはDRMプラットフォームのシェアを広げるということが、重要な戦略目標らしいことがうっすら伝わってくる。向こう側かこちら側かは、実はあまり重要ではない。


それにしても、こうしてネットの世界から徐々にフリーなコンテンツの居場所が減っていくのを見るのは、なんとも寂しい感じがする。

はじめから有料で見せるために作られたのならともかく、CMは広く見られてこそ価値があるのだから、ストリーミングなどとケチな方法を取らず、黙って全部をDLさせればいいものを。

この例で特に暗い気持ちになったのは、そこまでしてストリーミングさせたビデオが、元のFlashより格段に画質が悪いことだ。

いいコンテンツで勝負しようという気持ちからは遠く、だんだん、えげつなくて雑な感覚がGoogleの中で頭をもたげて来た気がちょっぴりした。

|

« 雑記060114 | Main | 雑記060116 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

Posted by: 株の初心者の入門 | 2012.02.16 04:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ネットの向こう側戦略」の儲け方もやっぱりDRM:

« 雑記060114 | Main | 雑記060116 »