« 知識や知恵の力 | Main | NHKは世界を向け »

2006.01.19

いまさらながらの「個の確立」

ライブドア・ショックで東証は売買停止。

ありがちな「額に汗している零細企業を忘れるな!」という文章は、実際には空調の効いた場所のデスクで書かれていることが多いと思います。
同意。本物の零細企業は、「額に汗」状態からなんとか脱したいと切に願っているものだ。だから、「額に汗」という言葉は、実際に則して使うと誤解されやすい。むしろ精神論のひとつ程度に考えておくのがいいと思う。
「それみたことか。ライブドアの錬金術が暴かれた。ざま~みろ」。そんなことを言っても、自分が豊かになれるわけではありません。
「ざま~みろ」という言葉は確かに醜い。にも関わらず日常的によく聞こえてしまう言葉でもある。その点では持てる者も持たざる者も大差ない。

これに対抗する言葉は「明日はわが身」だったはずなのだが、格差拡大の影響で、わが身が相手の立場に立つことが想像しづらい状況が生まれている。対処するには別の考え方が必要になる。


私はそれを、いまさらのようだが「個の確立」に見出している。「個人主義」とはおそらく異なるこの概念は、輸入されてから随分経つのだろうけど、そろそろこの国に根付いてもいいのではないか。(いま、根付いているとはとても言えそうにない。)

これまでのように未消化のままでは浮ついた捉え方しかされないが、よく噛んでいろいろな方向から眺めてみれば、そのままにしておくのはもったいない良い言葉なのだ。

もちろん、見出すだけでなく自分のものにするには、時間と修練が必要だが、それだけの価値はあると思っている。

|

« 知識や知恵の力 | Main | NHKは世界を向け »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

 個の確立とは母なるものとの決別であるという青臭い主張が見受けられる。しかし、本当の個の確立とは自らの生まれや経験を元に戦略的に考えることが出来るという意味であり、(いい意味で)母と過した時間さえも利用する精神である。
 そういう真っ当な考えさえも流通できない言論空間だったら、インターネット自体なくなったほうがいいと思う。

Posted by: ニヒル | 2008.12.13 at 12:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/8237521

Listed below are links to weblogs that reference いまさらながらの「個の確立」:

« 知識や知恵の力 | Main | NHKは世界を向け »