« 幸福の手がかり | Main | W-ZERO3 »

2005.12.09

ブログの普及と先人の離脱

300回目のレトリック。あるいはblogのオワリ

 こんなことを書くのは、『ブログ普及委員会』の発足したことを聞いて、はじめて「あーブログ終わったわ」と感じたから。
真っ白に降り積もった雪の上に、真新しい足跡を付ける気分は、確かにもう終わったと思う。それを契機にブログを閉じる人もいて、残念にも思う。SOUL for SALE さんとか。

「SOUL for SALE」その他ブログ閉鎖のお知らせ

学術関係者のブログが増えたことで、私自身にとって、ネットの言説と共軛的な関係を保つことの意義が、相対的に失われたことに主たる動機があります。
しかし裏返せば、「学術関係者のブログが増えた」とあるように、これからも、探せばいい文章や考えに出会える時代が続くということでもあるだろう。

なにより、ネットというものが既に、early adaptor の手を離れつつあるということだから、これは素直に喜ぶべきことかもしれない。

|

« 幸福の手がかり | Main | W-ZERO3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/7521402

Listed below are links to weblogs that reference ブログの普及と先人の離脱:

« 幸福の手がかり | Main | W-ZERO3 »