« イン・ハー・シューズ | Main | 天空の草原のナンサ »

2005.12.29

本を嫁

配架の愉しみと語彙について

勘違いしているひとが多いが、「現代人は情感が乏しいので、情感を表す語彙が貧困になった」のではない。
「情感を表す語彙が乏しくなったので、情感が乏しくなった」のである。
ことの順逆が違うのだ。
言語の現実変成能力がどれほど強力なものか、それをほとんどの日本人は理解していない。
とりわけ理解の遅れた人びとが現代日本の「国語」を宰領している。
「瀰漫」は知らなかった。IMEが一発で変換するところをみると、一般的なんだろうか。爛れている感じがするが、あれは糜爛か。おお、これも一発で変換する。

なんだか変換ソフトの性能が上がったおかげで、かえって語彙が貧しくなっているかもしれないなあ。

いやいや、もちろん本当の理由は自分も含めて本を読まないことなんだけど。

|

« イン・ハー・シューズ | Main | 天空の草原のナンサ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/7897254

Listed below are links to weblogs that reference 本を嫁:

« イン・ハー・シューズ | Main | 天空の草原のナンサ »