« W-ZERO3 | Main | SAYURI »

2005.12.10

礼儀正しさ

生き延びる力

それはどんな場合でも、とりわけ危機的状況であればあるほど、「他者からの支援」をとりつける能力の有無が生き延びる可能性に深く関与するということである。
他者からの支援をとりつけるための最良のアプローチは何か?
たぶん、ほとんどのひとは驚かれるだろうけれど、それは「ディセンシー」である。
「強い個体」とは「礼儀正しい個体」である。
職場や職業を何度も変わっていると、これは肌で分かる。いままで意識することはなかったけれど、親から躾けてもらったあれこれが、振り返ってみればありがたい。

思うに、礼儀正しいということは、相手と浅く関わりますということの表明だろう。「礼儀」というコードを守ることによって、関わりもまた形式に則ったものになる。

これは、援助を求められた相手にとっては大きな安心となる。見ず知らずの人間に援助を与えようというからには、最初は浅い付き合いに止めておいて、だめだと思ったら関係を切ればよい。それには浅い関係にとどまっておくに越したことはない。

そういえば、転職にあたっては「弱い靱帯の力」が有効であるという話しを聞いたことがある。これなども同じような理屈に基づいているのかもしれない。

今の日本社会において、転職できる能力は「離脱可能な自由」を生み出す。だめな組織から離脱できることは、それだけ生き延びる力が強いということでもあるのだ。


もちろん、そのために手に入らないあれこれもあるわけだが、そこは単に「使い分け」の問題(笑)。

|

« W-ZERO3 | Main | SAYURI »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/7556950

Listed below are links to weblogs that reference 礼儀正しさ:

« W-ZERO3 | Main | SAYURI »