« 雑記051112 | Main | ネットコンテンツ評価 »

2005.11.13

私的録音補償金制度は仕切りなおし

iPodなどへの私的録音補償金の課金見送り

私は、iPodをUSBディスクとしても使うので、この文化庁の判断は妥当だと思う。DRMを基本にしているiPod+iTunesに対して、JASRACが主張するような従来型の著作権料徴収は、そもそもあてはまらない。

以前も書いたことがあるが、著作権に対する対価の支払いは、DRM (Degital Rights Management)と MicroPayment によってしか、本質的に解決されないものだ。これまではそれを実現する手段がなかったから、暫定的に媒体や再生機器の販売価格に含ませて粗っぽい方法で徴収してきたのだが、いまは技術的により精緻でスマートな方法が可能になっている。

枝葉の話しとして、暗号の不正な解除は昔も今も変わらずあるけれど、相当のコンピュータリソース(つまり資金)を食うから、一定以上の不正利得をあげられる作品が主に狙われる対象になる。そうしたものは、コピーを防ぐ側も金をかけて犯人を探し出そうとするから、奇妙にバランスが取れているのだ。たぶん(笑)。その他のより小さな売り上げの作品は、そもそも経済的に、こうした攻防の対象にはなり難い。
というのがこの枝道の一応理知的な結論だ。

本筋に戻って、技術的には可能になったDRMとマイクロペイメントだが、社会的にはどうか。
携帯に楽曲をDLするのが普通になった今日では、DRM方式は意識せずに受け入れられていると考えてよいと思う。iPodも当然、この流れの中にある。しかし、受け入れようとしない人たちもいる。上の記事の中にこんなコメントがあった。

レコードや CD というメディアを使って著作物を頒布することの
独占的な既得権(レコード会社)と使用料の徴収と配布に関する
独占的な既得権(JASRAC)が、新しいメディアやサービスの台頭
によって突き崩されてきているのが問題なわけですよ。
コメントはさらに、著作権者の利益がこの既得権者と従来は一致していたが、ネットの登場でその利益が必ずしも一致しなくなったことを指摘して、著作権者をネット側に立たせようとしている。
だから重要な事は大元の権利者に "The net" というメディアを
できるだけ正確に理解してもらうことに尽きると思う。
やや希望的観測も含んでいるけれど、これは重要だ。一般にネットと不正コピーを結びつけるイメージが過大に喧伝されている感があるから、iPodのようなDRMを基本にした新しいインフラを、よく理解してもらうことが大切なことになるだろう。

|

« 雑記051112 | Main | ネットコンテンツ評価 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

 こんちはー、ホイヤーです。じっくり よんでみましょう・・・。

Posted by: アンクル・ホイヤー | 2005.11.13 at 12:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/7073682

Listed below are links to weblogs that reference 私的録音補償金制度は仕切りなおし:

» 1月に発表されるインテルMacはiMacとPowerbook? [Macとえいちやin楽天広場]
 こん○○は、ホイヤーです。本日は 「Macの使用感」と「1月に発表されるインテルMacはiMacとPowerbook?」他をご案内いたします。 ○アンクル・ホイヤーの独り言・・・。 さて デジカメを充電していまして 気が付いたらCFカードをだしてみましたら なんと たった...... [Read More]

Tracked on 2005.11.13 at 11:54 AM

« 雑記051112 | Main | ネットコンテンツ評価 »