« iPod向けに映画の予告編配信開始 | Main | 今日のサプライズ(笑) »

2005.11.11

ファンドと市民社会

「村上ファンドと民主主義」 日経本紙 大機小機

村上ファンドがモノづくりもサービス提供もせず、最小限の人間しかいない、人間のにおいのしない組織であるのに対して、阪神電鉄には多くの利用者、取引先、従業員、株主がいる、ということを挙げて、ファンドを批判している。

問われているのは日本のデモクラシーそのものであり、市民社会のあり方だ。カネを集められる、借りられる、そのことにヒトを支配しうる何の権威があるのか。
それは一理あるし、株式時価総額バブルに乗っかっている紳士達への批判のポイントを簡潔に言っているとは思う。何か水面下で動きもあるのかもしれない。

でも、それを「大機小機」に書きまスか?(笑)

|

« iPod向けに映画の予告編配信開始 | Main | 今日のサプライズ(笑) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/7046829

Listed below are links to weblogs that reference ファンドと市民社会:

« iPod向けに映画の予告編配信開始 | Main | 今日のサプライズ(笑) »