« パソコン動画についての雑記051106 | Main | 喝采 »

2005.11.06

形式と実質 末端の事例

新しいことに対応できる会社とできない会社
中小企業診断士の元社長さんのブログ。ちょっと意表を突く新しい提案をホームページに載せた、その反応についての記事。はっきり2種類に分かれるらしい。

ひとつは「協業できるか?」とか「時間とって打ち合わせできないか?」という前向きなこと
もうひとつは「過去の実績を教えてくれ」とか「会社概要を送ってくれ」とかってちょっと後ろ向きなこと
で、コメントのやりとりがまたびっくり。
過去の実績って、全般的なこと言っているのでは。
今回の研修ということではなく。

会社概要は、どんな会社か。ただ知りたいだけでしょ。
・・・
それがこの研修の実績って言われるからビックリなんですよ(笑)

しかも会社概要は、その前に送ってる資料に載ってるし…

自動応答システムなんでは?(笑)

|

« パソコン動画についての雑記051106 | Main | 喝采 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/6928779

Listed below are links to weblogs that reference 形式と実質 末端の事例:

« パソコン動画についての雑記051106 | Main | 喝采 »