« よい知的労働とそうでないもの | Main | 雑記051102 »

2005.11.01

経済単位の大きさ

「総務大臣 竹中平蔵」が意味していること。

政治は政治、経済は経済と別の枠考えるのではなく、政治と経済を一体のものとして地方自治を考えざるを得ない時代がやってくるのです。
この先は、いまの自治体の大きさは妥当かという話になっていきそうな気もする。が、まあそれはそれ。

話しは身近に転じて、同じことが、全国に支店を持つ企業にも言えて、大都市圏と地方圏ではテリトリーの大きさも、本社側からの施策も異なるのが自然だとおもうのだが、形式主義に陥っているとなかなか自然にはいかない。

|

« よい知的労働とそうでないもの | Main | 雑記051102 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/6810021

Listed below are links to weblogs that reference 経済単位の大きさ:

« よい知的労働とそうでないもの | Main | 雑記051102 »