« お金で買えない仕事に投資 | Main | 形式と実質 末端の事例 »

2005.11.06

パソコン動画についての雑記051106


金曜日を挟んで、木土日と動画ファイルと睨めっこ。フリーソフトを探したり勉強したりしている時間がないので、VideoStudio9とかいう出来合いのを買ってみる。wmvから他へ変換できるものが、これくらいしか見つからなかった。何が悲しうて画質の悪そうなwmvから・・・と思うのだが、緊急避難的に仕方がない。


で、この世界の複雑怪奇にいまさらながら驚く。なんでしょうかこのホーマットの多さは。てっきり世の中はもうmpeg1,2,4が美しく統一してくれているものとばかり思っていたヨ。ネット上で記事を漁っていたら、mpegの仕様が方言を許す曖昧なものであるのが原因とか。頭痛。


おまけにDVDのこの規格乱立ぶりは何? パソコン用の外付けドライブを買おうとしてヨドバシの店員さんに聞いたら、プロであるはずの店員も混乱。面白いから発言の矛盾をわざと指摘してからかったらもっと混乱。その余波でヨドバシでは買うこと出来ず(泣)。買い物は寄り道せずにという亡き母の教えを改めてかみしめる休日の午後。


広場の反対側のサクラヤへ行って、今度は慎重に質問して機種を決め買う。ヨドバシより安い。この辺、大手だからとか日経ビジネスが取り上げるとか無関係。あの雑誌は価格比較本ではなかったといまさらのように気付く。じゃあ何なのか(笑)。


などと罰当たりなことを考えた罰か、買ってきたドライブでは肝心の普通のデッキに挿すDVDが読めないことが判明。天を仰ぐ。


直ぐにブツを箱に詰めなおして返品に行く。まったり説明したあと、おおそれながら返品かクーリングオフ適用にと訴えたら、「まあ返品扱いにできないことはない」とのお奉行様の仰せ。ありがたい。何が。

それにしてもこの間費やした時間をどうしてくれるのか。これだから電子機器を買うのは嫌なんだ。車なら買ってきたその日に問題なく動くぞ(笑)。

・・・電気自動車とか水素ボンベとか言い出すと、勇んで買ってはきてみたが動かないことに気付くという時代が、車にも来るのだろうか・・まさかね(笑)。


結局DVD直読み変換はあきらめて、wmv→(VideoStudio)→avi→(QuickTime)→m4v という変換プロセスを数十のファイルについて手動でやる。それで気付いたこと。

①windowsにパイプやリダイレクトをエンドユーザが簡単に実現する仕組みがないことは人類八つ目の大罪である。許しがたい。昔から知ってはいたが。
wshってそういうことができるのかなあ。

②パソコンの処理速度がぜんぜん遅いのは神に対する冒涜である。オフィスソフトなら十分快適なんだがなどという呟きは異端の戯言に過ぎない。


そういうわけで、作業はちちとして進まない。ちちとしてははとして進もうとしない。

おかげでその間に「街場のアメリカ論」が読めてしまったことを指して、古人は「禍福はあざなえる縄のごとし」と言ったのであろう。


それにしてもこの雑記の無意味な長さよ。パソコンに釘付けになっている無為な時間の長さがわかろうと言うもの(泣)。

|

« お金で買えない仕事に投資 | Main | 形式と実質 末端の事例 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/6924913

Listed below are links to weblogs that reference パソコン動画についての雑記051106:

« お金で買えない仕事に投資 | Main | 形式と実質 末端の事例 »