« 米国皇帝 | Main | アスベスト封じ込めには技術開発が必要 »

2005.10.08

インフラ企業の実力行使に疑問

米国ISP間でネットワークの断絶が発生

あれまあ。
トラフィック量によってお互いに支払う接続料が決まるのだけど、そのトラフィックが、一方は「うちの方が多くなった」と言い、もう一方は「前と同じ」といい、支払いを求めていた企業側が実力行使。接続を切ってしまったそうです。
ネットをインフラだと思っていた利用者はえらい目に。

インフラを支える企業はもう少し思慮深く行動して欲しいものです。
接続を切ることはせず、請求権を最大限活用するのが・・作法というか。

料金回収が多少遅れたからといって、明日倒産するような企業でもあるまいに。


なんだか浅いけど、これ以上何も言いようがない(笑)。

|

« 米国皇帝 | Main | アスベスト封じ込めには技術開発が必要 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/6307801

Listed below are links to weblogs that reference インフラ企業の実力行使に疑問:

« 米国皇帝 | Main | アスベスト封じ込めには技術開発が必要 »