« 税の取り様はいろいろある話 | Main | さようならみなぞう »

2005.10.02

続・税の取り様はいろいろある話

昨日のTBに対してお返事のエントリをいただきました。磯崎さんありがとうございます。

私の懸念は、大多数の預金者が無関心であり続けるまま、政府が比較的安直に国民から奪える富のルートが、またひとつできてしまうことです。

それに対して、磯崎さんのお考えは、どうあっても関心を持ってもらうことで、国の金の使い方をきちんと監視するようにしよう、ということだと思います。

この二つの考え方の分かれ目は、具体的な税率によるということになろうかと思います。小さければ無関心、大きければ監視、ということになるでしょう。

いただいたお返事エントリにあるように、預金利率が0.数%の状況で預金税が2%くらいにすれば、いやでも関心は高まりそうですね。「ほっとくと名目金額が減る」という点がミソです。わずかでも名目金額がプラスのうちは、無関心が勝る気がします。

で、心配性の私はついこんなシナリオを思い浮かべてしまいます。最初は小さな税率から始めて徐々に上げていくことで、預金者の抵抗感を薄め、無関心が続くようにしておいて、税収はしっかり確保。
そんな私の懸念が現実になるようなことがないように、願うばかりです。

無関心から目覚めさせるには、痛みが必要だと思いますので、痛みが少ないように徐々にやっていこうとするのは、その点で矛盾しています。むしろ、一気に2%くらいのところから始めるほうがいいのかもしれません。

ということで、納税者の無関心と預金税との話しは、この辺にさせていただこうと思います。
このエントリには特に新しい結論はありませんので、TBは無しとさせていただきます。

|

« 税の取り様はいろいろある話 | Main | さようならみなぞう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 続・税の取り様はいろいろある話:

« 税の取り様はいろいろある話 | Main | さようならみなぞう »