« ヴェニスの商人 | Main | よい知的労働とそうでないもの »

2005.10.31

雑記051031


スーパーのいなげやで、グラム99円という牛肉をはじめて見かけた。オーストラリア産肩ステーキ用となっている。買ってみた。ハナマサには確かにそれ以下の値段のものもあるが、いなげやは普通、グラム300円以上のものしか置いていない。

いつものようにバターを引いてフライパンで焼いてみる。柔らかくて味もまあまあ旨い。ハナマサの肉はいつも値段なりだけれど、このいなげやのはちょっと破格だ。

これはまた何か流通に変化が起きてるのかな?


「俺様国家中国の大経済」と「拒否できない日本」まとめて斜めに読んだ。特にどっちに肩入れということはない。中国と長期的な利害が一致しないのはわかるけど、米国と一致しているかというとよくわからない。なので、米国を選ぶ理由はそこにはない。どこにあるかというと、いろいろあるがここには書かない。


映画「ステルス」観た(実は3週間前)。高校の文化祭でつくりました的なノリとレベル、といったら高校生に失礼か。映画としてよりも、CGの見せ場を3分×5本くらいにして、別の売り方を考えた方がまともかも。

|

« ヴェニスの商人 | Main | よい知的労働とそうでないもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記051031:

« ヴェニスの商人 | Main | よい知的労働とそうでないもの »