« 死すら相対化するヒトの想像力 | Main | 郵政をめぐる争いは「失われた10年」の区切り »

2005.08.07

ドルフィン・グライド

久しぶりに、1000円と1時間を無駄にしたと断言できる映画。

確かに、異世界の映像で、最初の5分はほほぅという感じで見ていたのだが・・・
おなじようなシーンをその後20分くらい見せられて、いやになった。
美術館にときどき置いてある、自己満足度100%の環境ビデオのようなものなのだが、それを映画館の大画面で長々と強制的に見せられるとは・・・。
しかも、酔うし。

後半のメイキングもひどかった。
山も谷もなく一本調子。監督の解説は大画面から甲高い大声で脳みそに突き刺さる。


最初の5分だけ見て出てくれば、面白い映像だった、で済んだのに。

|

« 死すら相対化するヒトの想像力 | Main | 郵政をめぐる争いは「失われた10年」の区切り »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドルフィン・グライド:

« 死すら相対化するヒトの想像力 | Main | 郵政をめぐる争いは「失われた10年」の区切り »