« 大学がe-learningを導入する理由 | Main | ドルフィン・グライド »

2005.08.06

死すら相対化するヒトの想像力

「義体化」とプチ整形
ふーん。いまやそんなこともできるんだ。それにしても

脳までバックアップが取れるようになったら、「たぶん、私は3人目だと思うから」という綾波レイの世界が始まるわけですが。

はたして、私の孫の世代では、人は永遠に生き続けるようになるんでしょうか?

そうなったら、キリストもお釈迦様もお払い箱で、新しい教祖が必要になるのでしょう。
その前におさらばできそうで、幸せというか不幸というか。

しかし、そうなっても、やはりヒトはその状況に最後には適応してしまうだろう、という予感はあります。「綾波レイ」や「草薙素子」を想像できるという事実が、既にして限界を超える可能性を示しているわけですから。たとえ試行錯誤や大失敗を経験しなければならないとしても。

車がへこんだら5万円かけて板金するのに、自分の顔は何十年経ってもまったく補修しないというのは、よく考えてみればへんな話かも知れませんね。
「天から授かった体はなるべく傷つけずに返すもんだ」と親から教わった古い人間なので、私はピアス穴さえ開けるのは嫌ですが。
といっても、なにか不具合がおきれば手術は受けるのだろうから、この辺りは単に好みの問題なのかも知れません。
 
 
境界線は微妙。

|

« 大学がe-learningを導入する理由 | Main | ドルフィン・グライド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

いつも、どうも。

レーザーで美白とかシミを取るって深く考えずにいたんですけど、そうか燃やすのか。
このぎりぎり薄皮一枚分が技術なんだろうか?

とか思いました、では。

傷をつけるどころか締め付けるのも嫌なんで、宝飾品も極力避けます。そんなだからきのうシートベルトで減点されました。
これからは法規遵守でいきます。

Posted by: -den | 2005.08.06 09:27 AM

うはは。おまわりさんに言っても、「事故で傷ものにしないようにシートベルト締めなさい」と切り返されそうですね。

Posted by: hski | 2005.08.07 12:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 死すら相対化するヒトの想像力:

« 大学がe-learningを導入する理由 | Main | ドルフィン・グライド »