« matter of principle | Main | 雑記050731 »

2005.07.29

建設業界 年貢の納め方

日本道路公団の談合問題に見る建設業界の病理

日本の建設業界は非効率的で高コストなのは有名。
こういうものは、当事者(中の人)が変えることは難しい。なにしろその構造の中で食べているわけだから。
そういうわけで、パイ全体を外から絞るという現在の戦略は正しいと思う。

絞る過程で、生き残るべき企業や人が残り、そうでないものは去る、ということだろう。その、「生き残るべき」ものを選ぶ過程が、政治力や金銭力ではなく、技術力や勤勉さなどに基づいて行われることを希望したい。

それがうまくいけば、この業界は再生できると思う。
人間はバーチャルな世界に生きているわけではなくて、生身の世界に生きているのだから、この業界が取り組むテーマは、実はいろいろあるはずだし。

|

« matter of principle | Main | 雑記050731 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/5212884

Listed below are links to weblogs that reference 建設業界 年貢の納め方:

« matter of principle | Main | 雑記050731 »