« 匿名掲示板はうまく使おう | Main | 決裁には注意 »

2005.07.02

老舗商法の難しさ

しばらく休止状態だったマーケティング系のメルマガから、久しぶりにメッセージが届いた。中身は迷惑メール対策の奮闘記で、いろいろな企業がやりだまに上げられていた。、その中で、使用していた転送メールサービスのアドレス宛て迷惑メールが急増したことについて、こんなことが書かれていた。

その転送メールサービスは、信用していた新聞社系列(?)会社から、ある大手検索エンジン企業に吸収されたのです。
つまり、私たちのリストが売られたという訳です。
もちろん、アドレスを漏らしている検索エンジン企業に大方の非はあるわけだが、しかしこの人のようなネット経験豊富なマーケターから見れば、信用していた企業が、サービス譲渡にあたって、自分の個人情報を「売った」と、やはり感じるものなのだろう。

転送メールサービスを手放した側にすれば、サービスを終了してしまっては利用中の客に迷惑がかかると思って譲渡した、という理屈も成り立つのだろう。しかし、安心確実なサービスを売り物に玄人を多く集めることで成り立っている企業にとって、客の情報を、客の了承なく他社に渡すことは、一定のリスクを伴う。

老舗商法というのは、それはそれで難しいものだなあ。

|

« 匿名掲示板はうまく使おう | Main | 決裁には注意 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 老舗商法の難しさ:

« 匿名掲示板はうまく使おう | Main | 決裁には注意 »