« J-waveは音楽に専念してほしい | Main | オンライン旅行契約2 »

2005.07.12

ファイル交換ソフト・判決に望むこと

「司法は技術中立性を貫け」日経本紙 経済教室
P2Pファイル交換ソフトを使った著作権侵害についての米最高裁判決について、要点をまとめた成蹊大学の城所岩生先生の寄稿。

この稿では、判決のバランスの良さを評価しながら問題を整理し、要点を4つにまとめている。
  1.著作権侵害行為の蔓延にある程度歯止めをかけられること
  2.P2Pという将来有望な技術を禁止はしなかったこと
  3.技術に対して中立の立場を貫いたこと
  4.技術開発に水を差すおそれは少ないこと
このうち、なるほどと思ったのは3つめの点。

分散処理型を奨励する結果を招く下級審判決よりも、技術中立型の最高裁判決の方が好ましいことは間違いない。
以前も書いたが、この問題はDRMとマイクロペイメントで解決するのが妥当な線で、配布の手段はあまり関係がない。より正確には、配布手段を制約すると、表現の自由やトレーサビリティの許容範囲との関係が微妙になるので、配布手段と関わりなく解決できるのが望ましい、とは思う。

しかし、現実に問題が起きている以上は、当面、配布手段にある程度言及せざるを得ないだろう。そうした状況下では、この稿にあるように、技術に対して中立性を保った今回の判決はほぼ妥当と言って差し支えないと思う。

日本で進行中の訴訟が、同様にバランスのとれたものになることを期待したい。

|

« J-waveは音楽に専念してほしい | Main | オンライン旅行契約2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

私の記事と関係がありましたので、メルマガでの紹介とトラックバックをさせて頂きました。

Posted by: 猿藤 | 2005.09.14 at 03:41 PM

どもー。

トラックバックはできれば該当記事どうしの間に張っていただけると助かります。

Posted by: hski | 2005.09.14 at 08:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/4939818

Listed below are links to weblogs that reference ファイル交換ソフト・判決に望むこと:

« J-waveは音楽に専念してほしい | Main | オンライン旅行契約2 »