« 老舗商法の難しさ | Main | ネット社会の自由と安全保障 »

2005.07.02

決裁には注意

「イーシステム 最終赤字幅が拡大」日経本紙
特損計上があったのだそうだが、その理由が、

TISからの注文書に基づいてライセンス販売したが、今年4月にTISから社内の承認を得ないで営業担当者が契約した取引なので取り消して欲しいと申し入れがあった
のだそうだ。

時々あることなのかもしれないけど。なんだかなー。
そういうことでも新聞に載ってしまうという時代でもあるし。

決裁、というか意思決定ルートに曖昧さを残していると、そういうことが起こるのかもしれないが、手順と仕組みに何か問題を抱えているのだろうか。>T社

[追記]
TIS、ソフト販売契約を巡るトラブルでイーシステムの主張に反論

 今回のTISの発表は、イーシステムが主張する事実関係を否定し、法廷闘争も視野に争う姿勢を示したものである。
あれまあ。

|

« 老舗商法の難しさ | Main | ネット社会の自由と安全保障 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/4794639

Listed below are links to weblogs that reference 決裁には注意:

« 老舗商法の難しさ | Main | ネット社会の自由と安全保障 »