« 雑記050716 | Main | 雑記050718 »

2005.07.17

雑記050717


世界中どこでも技術者は愛されている(多分)
なるほど、確かに必読。実証的精神というものの威力をうまく切り取っている。

モヒカン族というものがこういうものなら、それはいいことだと思う。それに反してモヒカン宣言というのは残念ながら誤読されやすいのでないか。

こちら経由で知る。



しかしその一方で、モヒカン族とは、こういうものでもあるらしい。
rir6システムを実装しよう

要求仕様書を提示されたら、さっさと実装してしまうのが真のモヒカン族ではないでしょうか。
そこには、要求仕様を作成した人のコミュニケーションの拙さ、技術への無理解、さらには時として自分の業務への理解不足(そういうことが現実にあるのだ)など、諸々の陥穽を無視した、「契約書に書かれていることがすべて」という考えがあるのかもしれない。
ものごとは、それが置かれているコンテクストを含んで重層的に捉えるのがいいと私は思っているので、現実的な時間と費用の中では契約書に書き表し得ない諸々を無視する姿勢には同意できない。

やっぱり、モヒカンというものがよくわからない。単に、自分の(整合性に細心の注意を払って維持している内的)世界のルールから一歩も出ないぞ(=アクセスしたい者はそのルールに従え、金も払え)宣言のようにも見える。

全能感に囚われた若いコンピュータ屋さんにありがちな姿勢、と言ったら刺激が強すぎるか。



さてモヒカンの話しはおわり。次はこれ。
環境が無敵のポジショニング軸になる日
スポーツカー愛好者がハイブリッドに乗りたがる理由はこう。

 こういう人は、かつてトヨタ車などには脇目もくれなかったタイプだ。その彼がなぜハイブリッドが載ったレクサスなら買うのか?理由を聞いてみると、「モーターの加速を味わってみたいから」と言う。
低速時のモーターの加速力は実際かなりのもの。バイク乗りとしては密かに恐れている。信号ダッシュで車と一緒に走らなければならない日が来るかもしれない。低速時にやや不安定な二輪車にとって、これはかなり疎ましいことだ。

ホンダから一日も早く文字通りの「モーターサイクル」が発売されることを切に祈る。

|

« 雑記050716 | Main | 雑記050718 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/5002584

Listed below are links to weblogs that reference 雑記050717:

« 雑記050716 | Main | 雑記050718 »