« がんばれネクタイ業界 | Main | バットマン・ビギンズ »

2005.06.17

放送業界の事情

あるセミナーで、放送業界近傍に棲息する人の話を聞いてきた。内容はあまり目新しいものは無く、話し手も語り上手ではなかったので、あいまいで薄い印象だったが、いくつか新しい概念と言葉を知ったので記憶のためにメモ。

・受信の秘匿性
概念としては既に周知のことだが、こういう言葉があるというのは知らなかった。
「足跡」機能などに私は抵抗を覚えるのだけど、今後はそれを一言で言える。(もちろん、基本が通信であるネットを使っている以上、何らかの痕跡は残らざるを得ないのではあるけど。)

・再送信問題
難視聴の解決、あるいは、消灯時間に制約される入院患者へのサービス(この例は面白かった)など、再送信には一定の必要性がある。一般に言うところの著作権問題とは分けて考えるべきことだ。
話し手はこれをケーブル経由に限定していたが、録画→再生でも本質は変わらない。単に録画経由で再送信を語ることは、別種の災難(笑)に巻き込まれるから避けただけだろう。

ほかには、業界慣習や法律の様々な制限が話題に上っていたが、深入りはなかった。


まとまったテーマとしては
・ユニバーサルサービス
・電波障害
・著作権
・トータルな(運用も含めたシステムとしての)安定性
などがあった。

これら各テーマについて、IP放送と地上デジタルの優劣を掘り起こしたい、という趣旨であったようだ。

ユニバーサルサービスの話を聞くにつけ思うのだが、それは公共の福祉予算で対処すべきで、放送(あるいは他の業界)が、自身の世界の中だけで解決する問題ではないように感じた。
どちらかといえば、既得権死守の言い訳として使われてしまうことが多いように思う。

枠組みの変更が、たぶん必要なのだろう。その際の大枠は、弱者救済活動はまず総予算額を決め、その中で放送なり他の分野なりへの配分比率を考える、ということになろうかと思う。
ていうか、そんなことは項目分けをして数字の足し算をするだけだから、もうきっとやっているに違いない(笑)。

|

« がんばれネクタイ業界 | Main | バットマン・ビギンズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 放送業界の事情:

« がんばれネクタイ業界 | Main | バットマン・ビギンズ »