« 雑記050624 | Main | スターウォーズ »

2005.06.24

ネットと企業の相性

新刊書評 「ファンサイト・マーケティング」

 大企業とインターネットの親和性はおそろしく低い。それはインターネットの本質たる開放的な性質が、ありとあらゆる意味で、大企業に対するアンチテーゼとなっているからである。

 同じ大企業でも、消費者相手の柔らかい大企業は違うのだな。そんなことを実感させてくれるのが本書である。

著者は「こうした公開型で批評・評価をさせているということが、大切だと思うのです。(略) 厳しい採点であっても、企業はそのまま隠さずに公表する」と評するが、大半の大企業はこれが怖くてできない。「こっそり教えてもらいたい」が本音だからだ。
怖さに立ちすくんだまま、自らの滅びを予感しつつ、予定調和的に滅んでいく、というのも、サマになっていていいのではないか。

笑い事ではなく、そう思う。
滅びのないところに新生も再生もないのだから。

まあ、大部分の、法人相手の商売しかしない企業には、関係ないのかもしれないが。

|

« 雑記050624 | Main | スターウォーズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ネットと企業の相性:

« 雑記050624 | Main | スターウォーズ »