« 自分のチャレンジは何? | Main | 匿名掲示板はうまく使おう »

2005.06.29

雑記050629

読む時間があまりとれなくて、毎日あちこちのブログを読むより、少数のブログごとにまとめ読みをする傾向が出てきている。


会議はモメたほうがいい

会議は結論を出す場ではなく、納得を作る場
なるほど。それはいい見方。
「会議には自分なりの結論を持っていけ」も同じ内容。現実にも合っている。
といっても、
ダラダラ会議がいくら長いとはいえ半日や1日だろう。
とは必ずしも言えないと思う。
その翌日以降も、同じテーマで、あるいは別の議題で繰り返されるところに、ダラダラ会議の難点がある(笑)。


パーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出す

自分ブランドをつくるために利用する8つのチャンネル

・得意先からの紹介
・プロフェッショナルからの紹介
・ダイレクトメール
・ネットワーキング
・セミナー
・PR
・ウォームコール(電話)
・ウェブサイト
はちょっとメモ。商品のブランディングとあまり変わらないけど、紹介(口コミ)がPRより上に来ているところが少し違う。
プロフェッショナルであれば能力があるのは当たり前で、能力よりも、他者に与える直感的な印象や、人間関係を重視すべきだとする。
そして、自分のパーソナルブランド構築にどれだけの費用を投じるべきか?。答えは収入の15-25%。かなり大きな比率である。
へむへむ。費用もだけど、時間を知りたい気がする。

あ、24時間か。
ようし。今日から鼾のかきかたを練習するぞ(笑)。


組織を変える〈常識〉―適応モデルで診断する

組織によって主体的に想像された環境像が実際の環境を創造し、その創造された環境が今度は組織を拘束するのである。これが常識の環境捏造性である
「自分で作った檻の中に自分から入る変な生き物」
という表現をどこかで読んだことがある。

「捏造」という言葉はひとつのベクトルを持っているけど、「檻」の効用は善悪相半ばというところではないか。
分類のための2つの軸

1 「淡白/未練」
2 「大胆/臆病」
が有用。

人は、仮想的にものごとを考えることができるのだから、思考や議論は大胆・淡白の極みで行っていいのではないか。実際に行動に移すときは、安定性を考えながら進むことになろう。

あー時間がない。

|

« 自分のチャレンジは何? | Main | 匿名掲示板はうまく使おう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記050629:

« 自分のチャレンジは何? | Main | 匿名掲示板はうまく使おう »