« ゴールの空いているところにパスを通せ | Main | リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 »

2005.06.10

雑記050610


読者の存在

「キリスト教文化などでは、人の目がなくとも、いつも神が見ているという意識がある。誰も見ていないからタブーを破るという文化ではない。日本は「恥」の文化であり、他人に見られているから「恥」になる。人の目があるから自制がきくけれど、誰も見ていなければ平気でタブーも破る」
天知地知
人知我知

っていうのがあったような・・。
キリスト教は1人だけだけど、漢字圏は最低でも4人が見ているということで、悪いことはできませんな(笑)。

たとえ「天」と「人」は口封じに殺せても、「地」と「我」は無理だなあ。。
なんて余計なことを考えて、おおこの対比は面白いななどと一人で盛り上がる金曜の昼下がり。


ゆがめられる情報セキュリティ対策

IT事業者はその企業に最も良いセキュリティ対策ではなく、売る側が最も利益がでるセキュリティ対策を提案している
当然というか。。。そうじゃない商品ってあるのでしょうか。

IT企業自身が採用しているのと同じセキュリティシステムを使えば、そこそこいいのだろうか。


マイクロソフトの古川氏が退任

あれまあ。こちらのブログに何か載ってたかな?

日本のことを代弁してくれそうな人が、他に育っているのだろうか。

|

« ゴールの空いているところにパスを通せ | Main | リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/4495255

Listed below are links to weblogs that reference 雑記050610:

« ゴールの空いているところにパスを通せ | Main | リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 »