« office氏に有罪判決 | Main | 文化は内部からは変えられない。 »

2005.03.27

5年という時間

  マス広告収入に頼りきったTVというメディアは、いずれは変化を迫られるのだろうけど、それにはどれほどの時間がかかるだろうか、と考えてみた。

  まもなく任期切れとなるニッポン放送現経営陣が貸し出したフジテレビ株が、帰ってくるまでの5年という時間と比較して、それは長いのか短いのか。帰ってくるまでに準備しておくあれこれの仕事量と比較して、その時間は足りるのか不足なのか。

そんな視点でこの件を考えてみてもいいのではないか?

来週頭に開かれるというSBI、LD両社の会談がそんな基調で進むのかどうかは、私にはわからないが。

|

« office氏に有罪判決 | Main | 文化は内部からは変えられない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/3458172

Listed below are links to weblogs that reference 5年という時間:

« office氏に有罪判決 | Main | 文化は内部からは変えられない。 »