« スパム対策としてのトラックバック限定 | Main | 5年という時間 »

2005.03.25

office氏に有罪判決

ACCS事件でoffice氏に有罪判決

確かに、office氏の態度に問題がなかったかといえば、おそらくそうではないのだろう。サイトの脆弱性をテストする目的であれば、相手の面子をつぶさない方法も取り得たはずだ。今回の司法判断は、その点では妥当と言ってもいいかもしれない。

しかし一方で、IT社会において怠ってはならない注意が、サイト管理者側に欠けていたと思われる点についてはどうなのだろうか。

少し話が飛ぶが、例えば全銀協は、偽造カード被害を銀行が補償する方針を決めたそうだ。それでも、利用者がパスワードに誕生日など予想されやすいものを使っていたときは、補償の対象からはずすのだと聞く。IT社会を生きるにあたって、当然求められる注意を怠っていれば、そのリスクは不注意だった本人が負わされるのだ。

ACCSのサイト管理者には、そうした普通の注意を怠ったと言われても致し方ない点があったのではないか。今回の司法判断は、その点を十分指摘したと言えるだろうか。今回の判決が、安易なサイト管理を助長し、結果として脆弱性を突いた不正利用を容易にすることに繋がらないだろうか。

上の記事のコメントにこんな言葉があった。

#脆弱性を利用する人は黒い人
#脆弱性を悪用する人は悪い人
そして脆弱性を放置する人は罪作り。

|

« スパム対策としてのトラックバック限定 | Main | 5年という時間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/3437972

Listed below are links to weblogs that reference office氏に有罪判決:

» 不正アクセス [辺境からの遠吠え]
Yahoo!ニュース:「不正アクセス」の司法判断とは――ACCS裁判 この記事見たら増々判らなくなってしまった。ftpサイトがブラウザで見られるということは常... [Read More]

Tracked on 2005.03.28 at 05:52 PM

« スパム対策としてのトラックバック限定 | Main | 5年という時間 »