« スマトラ島沖で再び地震 | Main | 「ネット+何か」の時代 »

2005.03.31

雑記050331


はてなのこれからについて
梅田さんがCNETのコラムを書いていたときに、記事に2つのスタイルがあった。ひとつは、著名なブログでの話題をとりあげてコメントするもの。もうひとつはご自身の日常の仕事から感じたことを書いたものだった。どこかのブログでその指摘があり、続いて、ご自身の経験から書かれた記事の方がおもしろくためになると評していたのを、見かけたことがある。
今度はここ日本で、梅田さんのご自身の経験が、はてなというホットな舞台を使って語られることになる。とても楽しみだ。


Wikipedia+消費者情報=Consumerpedia
消費者センターがこれをやればどうなんだろ。
一時は、企業自身がサイトを運営してお客様のご意見を拝聴しようという試みがあったけれど、企業、消費者双方とも本音のところで折り合わない部分があって、一般的にはうまくいかなかったように思う。
記事にあるようなものは、第三者が運営するのが穏当だろう。


階層化=大衆社会の到来
苅谷剛彦『階層化日本と教育危機-不平等再生産から意欲格差社会へ-』(有信堂)という本をネタに、あまりにもするどい指摘。読まねば。

でもひょっこりひょうたんじまの例は、一定世代以上にしか通じないと思います。
お。それってひょっとして世代間格差??(笑)

|

« スマトラ島沖で再び地震 | Main | 「ネット+何か」の時代 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記050331:

« スマトラ島沖で再び地震 | Main | 「ネット+何か」の時代 »