« 不満の特定 | Main | 「安全は金で買う」時代の牛肉輸入 »

2005.03.09

雑記050309

一つ目の忙し山は越えた。とはいえ月末までまだいくつか山がありそう。
ブログもしばらく読まず書かずだったが、なんだ、ニッポン放送株の件はケリがついたのかな?
ちと疲れ気味で、雑記のみ。


ボーイング 24 Netflix

「大ヒットDVD」(スパイダーマンとか)は個別にはレンタル売上が大きいと思うが、あんまりメジャーじゃないDVDをたくさんそろえると、個別にはたいした売上にならなくても、それ目当てで集まる顧客で繁盛する、というのの典型。Long Tailですね。
会員制商売をするときの基本パターン。他にもパターンは無いでしょうか?
こうした事例を見るにつけつくづく思うのだけど、商売の肝は、割高なもの(やサービス)を買わせつつ、割高感どころかお得感を感じさせることなんだよなあ。
薄い利幅で一生懸命やってます、というのは、ある種の自己満足かもしれなくて、悩ましい。


「これを観なければ旅は終わらない」
先週末に観た。大満足。とうとう旅は終わったのだった。
で、書くのがなぜこんなにずれ込んでいるかというと、DVDと映画館の関係について考えがまとまらないから。映画館はDVD販売の壮大な広告なのだろうか、という妄想に悩まされている。もしそう考えると、料金設定やら物販やらを含んだ、いまとは全然違うモデルが成立・・・しないかなあ、やっぱり(笑)。

|

« 不満の特定 | Main | 「安全は金で買う」時代の牛肉輸入 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記050309:

« 不満の特定 | Main | 「安全は金で買う」時代の牛肉輸入 »