« ネバーランド | Main | 雑記050225 »

2005.02.23

典型的な2つの記事に見るネットの時代

パソコン通信とインターネット」。Niftyからはてなへ転職して活躍を続ける筆者による、パソコン通信とBLOG・SNSの比較論。

この記事においては、NIFTY-Serve のモデルと良くにたものとして SNS の存在を挙げていますが、僕としては SNS よりも、blog + RSS の世界の方が、パソコン通信をインターネットに移してきたすがたに近いのではないかと感じています。

逆に、なぜ SNS にそれを感じないかと言えば、一つはその閉じられすぎたコミュニティという点が挙げられるかなとおもっています。SNS は基本は現実での知り合いをベースとしたコミュニティなので、その個人が想定していなかったような事象が起こりうる機会はそれほど多くない、という点があると思います。

として、blogとSNSの違いを、意外性や開放性の違いと言っている。そして、パソコン通信に近いのはむしろblog+RSSの方であり、SNSの特徴は意外性の無さからくる心地よさにあるとしている。同意。
 
  
  ところで、上のエントリを取り上げたのには別の理由がある。その元ネタはIT-Mediaに載っている「「パソコン通信」とは何だったのか」という、パソコン通信時代をよく知る別の筆者による記事だ。

  元記事の方では、パソコン通信ユーザの目から見て、インターネットの登場にあわせて起きたコミュニティ崩壊を食い止められなかったNiftyの失敗を取り上げている。これはいかにも、「他者」から見た批評的な記事だ。それが悪いというのではないが、メディアが書く記事として一般的な視座の取り方ではある。

  それに対して、冒頭とりあげたエントリでは、Nifty内部に居た者の目からは、技術が時間と共にゆっくり発展する中で、はじめから今のような仕組みや技術を期待することはできないように見えたという、当事者の素直な意見が、述べられている。

  この2つの記事は、ブログと一般メディアの違いを際立たせるとてもよい例だと思う。どちらもそれなりに業界に詳しい人なのだろうけれど、一方は外部の目で見た記事として書いており、もう一方は業界内部の目から見た事実を書いている。そこには、傍観者と当事者の違いがよく現れている。

  もちろん、「岡目八目」と言う言葉もあるから、当事者でない人の意見の方が、視野が広く公平で優れていることがよくあることは承知しているが、しかし、傍観者の立場である従来のメディアでは伝えられないことが、やはりあるのだということも、この2つの記事の比較から見て取れる。

  そして、双方が、同じネットというメディアの上に、似たような表現形式で、併置されているそのことが、新しい時代に生きていることを、私に実感させてくれる。

|

« ネバーランド | Main | 雑記050225 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 典型的な2つの記事に見るネットの時代:

« ネバーランド | Main | 雑記050225 »