« 雑記050211 | Main | 吉野家牛丼1日限定復活 »

2005.02.11

ボーン・スプレマシー

 お話しの筋は、ありがちなひとつの典型。なのだけど、テンポの良さとディテールのホントらしさで、かなりいい仕上がり。以下多少ネタバレアリ。

 私的には、マッチョなヒーローよりも、速さと巧みさと隠密性で勝負する抑え目のヒーローの方が好みなので、この映画は良かった。

 それにしても、主人公が捜査官の居場所を突き止めるノウハウを見ていると、本当にちょっとしたことで、そうした個人情報は手に入るらしいと気付く。幸い私は誰かに狙われるような者ではないから気にはならないけど、ああ、そんな方法がなるほどあるかもねと、少しびっくりする。もちろん多少のリアリティ不足は、まあ映画なのでよしとしよう。

 組織から離れたワンマンアーミーの主人公が、どうやっていろいろな装備を調達したのかなど野暮は言わないことにすれば、ジェットコースターのような気疲れもなく、徐々に高まる緊迫感とリズムを心地よく楽しめる。最後のさばさばした決着もいい。

 オーシャンズではおミソでからかわれ役だったマット・デイモンだが、ここでは堂々渋味を出していて、こちらもよかった。

|

« 雑記050211 | Main | 吉野家牛丼1日限定復活 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ボーン・スプレマシー:

« 雑記050211 | Main | 吉野家牛丼1日限定復活 »